60代が無理せず運動不足を解消する効果的な方法【運動不足解消】

チャレンジ 今日の好奇心

60代で無理せず運動不足を解消したい人「最近運動不足だけど、無理のない運動方法ってあるかしら?60代からはじめる健康に効果的な運動をする具体的な方法があれば知りたい」

こういった疑問に答えます。

はじめに

この記事を書いている私は現在60歳。運動は得意ではなく運動の習慣はありません。

ジムにもヨガにも通ったことがあります。通販で運動器具も次から次へと大量に買い揃えてきました^^;

玄関を出たらすぐに車があるため、近くのコンビニでさえ車に乗って出かけるというほとんど歩かない日々。

 外出もほとんどせず、部屋からも出ないで座って生活していると、階段の上り下りさえ危なっかしいくらい足の衰えが自分でもわかるくらいになったのです。

きっかけ

きっかけは、ミニマリストさんのyoutubeでした。

ミニマリストは限られた靴しかもたないという話題の中で。経営者でもあるミニマリストたちが愛用しているという、仕事でも履ける靴が紹介されていたのです。

防水性もあり仕事でも問題ない、歩きやすいという万能の靴。この靴の情報に私が食いつきました!

なんでも試したくなるお年頃^^; 早速お店を探したらよく知る駅の近くにありました。これもご縁とばかり、早速お店に行って買ってきたのです。

「防水機能のついた紐でしばるタイプのください!」

もちろん買えばすぐに履いて、履き心地を試したくなり、さっそくお出かけへ。

靴さえ履けば、すぐに出かけることができます。歩いていけば、交通費もガソリン代も駐車場代もかかりません。ってことは、お金がかからない

こんな手軽で気楽で支出ゼロの運動はない。

最近は歩きはじめてみたら筋肉痛で明日はどうなることやら。と心配でしたが。それどころか調子がよく、目覚めも良い。

さて、今日はどこまであるこうか?片道3〜4キロは徒歩圏内になってきました。

歩き始めたら、あちこちから歩くことや散歩の効用の情報が目に入ってきます。こうなると善循環!

そんなこんなで、60歳の運動音痴、健康器具は何を買ってもつづけられない私が、歩くことの実体験で学んだことを解説します。

歩くだけでは負担も感じず、足をいためることもなく継続してあるき続けいるので、本記事の継続性の信頼担保にも繋がっているのではないかなと思っています

1.歩くのにこれだけあればいいモノ

くつ!だけ

しかも専用のウオーキングシューズである必要はありません。先に述べたとおり、ミニマリストの方がおすすめするような、仕事でも兼用できる歩きやすいきものがあれば仕事でだって歩いていけます。

わたしはいつも仕事のついでに歩く。もう歩くついでに仕事…

わたしが買った靴は、allbirdsの雨でも大丈夫なスニーカータイプです。ほかにも歩きやすい靴はいくつかあります。

この方の12時間立ちっぱなしでも疲れない靴は、本当に12時間立ちっぱなしでも疲れないのか?のDANSCOを履いた体験ブログが最高の面白くて、参考になります。

そして、私からもDANSCOおすすめです。残念ながら私の足のサイズには会うのがないので断念しましたが、DANSCOのスリッパは6年くらい愛用しています。

2.歩くのにあったらいいモノ

リュック

これは、手を自由にさせたい歩くためです。もしも転んだら危ないので安全のため。そして、バランスを良くするためです。左右のどちらかにかばんを持って歩くと、バランスが悪くなって歩きにくいのと、アンバランスのまま長時間歩くと片側に負荷がかかって、いずれ影響がでてくる可能性もあるからです。

手ぶらで、大手を振って歩くのは爽快です!

イヤフォン

歩くのも楽しみながら、また有意義な時間をすごしたいですよね。大好きな音楽を聴きながら、または本を音声で聴きながら歩くのがおすすめです。

飽きないし、楽しい。私は、長編小説をKindleから読み上げ機能で4日かけて読了。自宅ではなかなか読みすすめなかったから、歩きながらの読書ははかどりますよ。

気温調節できる上着

マフラーやカーディガンなど、荷物にならずに羽織れるものがあると便利です。

3.目的地

目的地はあったほうがいいです。ぶらぶらと歩くより。目的地を目指して行けばいいし、行き先で体を休める時間があると帰りが苦になりません。

仕事先が3〜4キロ先なら、ラッキー!と思って、少し早めに出かけて歩きます。少し早めといっても、15〜30分くらい前に出かければいいのですから、大した時間ではありません。

もしもう歩きたくない!と思ったら、帰りは電車でもバスでも帰ってくればいいのですから。とはいっても、今まで片道だけで断念したことはありませんが、それくらい気楽で気軽に歩けばいいと思っています。

4.歩く効用

一日何キロも、私には無理。とても歩けないわ。

と思っているのは、つい先日までの私と一緒ですね。

歩く効用を、素人の私が言うまでもありません。色んな人がすすめていますし、あるき始めたらその気持ちよさと疲れのなさに驚くのではないでしょうか。

1日1万歩を1年以上継続している勝間和代さん

勝間和代さんのこの動画は、私が歩くことへ勇気づけられ、歩くことの意義や希望がもてて嬉しくなりましたので紹介させてください。

何が良かったかというと。足腰が丈夫になって、動きが鋭敏になったことと、ウエストは確実に細くなりました。(中略)なぜウエストが細くなったかというと内臓脂肪が減ったんですよ。内臓脂肪は万病の元。内臓脂肪はできるだけなくしたほうがいい。

1万歩を1年間続けるのはさすがで、説得力が抜群です。超効率的な勝間和代だけあって、理路整然と実体験を説明してくださっています。

継続的に歩いているので、このまましっかりと記録をしておけば、総距離で箱根超え、日本一周もできるのではと楽しみになってきました。

『精神科医が教えるストレスフリー超大全』著者 精神科医 樺沢紫苑さん

最高のモーニングルーティンとして「朝散歩」をする。として科学的根拠をあげながら説明されています。

朝起きてから1時間以内に15〜30分の散歩をするだけです。それだけでセロトニンが活性化し、体内時計がリセットされ、「副交換神経」から「交感神経」への自律神経が整えられるのです。ストレスフリーを目指すのに、こんなに効果的な健康習慣は有りません。

朝散歩は、メンタルにおける最強の健康法 と精神面からも朝の散歩を勧められています。

歩行瞑想で最強の集中を作って年収8.1倍にあげメンタリストDaigoさん

Daigoさんは瞑想を以前からすすめていらっしゃいましたが、歩行瞑想をはじめて、年収が8.1倍になったというのだからすごい効果がよくわかります。動画の中でご自身で考えた方法で一石なん鳥もの効果だって。

5.最後に

千里の道も一歩から

私の場合はまだ毎日しっかりとした記録を撮っていないので、実際の総距離を出せていませんが、継続して積みしていくのもどこまで歩けるか。楽しみの一つになりそうです。

なんとなく、これからちょっとでも歩くいてみようかな 

という仲間が、ひとりでも増えると嬉しいです。

そのときには、なんらかのハイテク機器を活用したりと、歩く楽しみを加えてもらえたらいいなと思います。

そして、その報告もお待ちしています!