草なぎ剛さん主演の『台風家族』を観て

SMAPファンとしては、今年は新しい地図の3人が主演された映画が上映されて嬉しい。

稲垣吾郎さんは『半世界』で、仕事と家庭、人生の過渡期の男の友情を神妙に。

香取慎吾さんは『凪待ち』で、夢や希望とは逆を生きる役柄を見事にまでも演じ。

そして草なぎ剛さんは『台風家族』で兄弟間の家族と相続問題をコミカルに。

台風家族

台風家族は上映されるのか心配していたけれど、今回期間限定といえども公開されてよかった。

長男は草なぎ剛さん、その妻に尾野真千子さん。

まったくダメで親の財産を独り占めしたい長男に対して、次男はしっかり者で対象的に描かれている。

一番上として4人兄弟をまとめるどころか、いかにして遺産全部を自分のものにしようかと考えている長男に対し、堅実でしっかりものの次男役の新井浩文さんが歯止めをかける。

「僕は感情で言っているのではない、法律でものを言っているのだ」とあたかも冷静に話しているようで、実は自分のいいようにと話をすすめていく。

両親が起こした事件からはじまるのもあって、シリアスな物語かと思ったら、笑いのある映画だった。

草なぎ剛さんは、シリアスでも演技力はあるが、途中からダメ男っぷりがバレると(兄弟だからもともとバレているのだが)開き直って、コミカルな’ツヨポン’に転じた。

カメラを前にして踊りだすシーンは、お得意の素。

そうそう、これがツヨポン!笑わせてもらった、

妻の尾野真千子さん弟の新井浩文さんの演技は、安定感があって、コミカルに演じる草なぎ剛さんとは対照的でそれがまた際立って面白かった。

お父さんお母さんとのシーンはさすがに胸にこみ上げるものがある。

笑ったりぐっときたり、皆様の演技と物語に、最後まで楽しませてもらいました。

 

3週間の上映だけれど、まずは公開されて見ることができてよかった。

沢山の人たちの努力がつまった作品。

大勢の目に届けばいいなと思いました。

台風家族

台風家族

posted with amazlet at 19.10.20
市井点線
キノブックス (2019-05-22)
売り上げランキング: 147,521

関連記事